アイコン  新しいWEBクルーズ 11月26日(木曜日)
明日27日は『CRUISE』最新号の発売日。
これにあわせ、『WEBクルーズ』の一部をリニューアルすることになりました。

新たに『クルーズツアー検索』というコーナーを開始します。
これは、各旅行会社のツアー商品の中から、特におすすめのものをピックアップし、
エリアや船会社別に検索できるようにしたものです。
最近、どの旅行会社のサイトも充実していますが、情報が多すぎて
どう探していいかわからない……という方も多いのではないでしょうか。
新しいWEBクルーズで、次のクルーズを見つけてみてください!

そのほか、「注目のトピックス」として、船上で役立つちょっとした情報や乗船レポートなどを掲載していきます。

長い間ご愛読いただいた「編集部のつぶやき」と「クルーズFAN(掲示板)」は本日で終了とさせていただきます。
今後はフェイスブックなどに集約していきます。

引き続き、WEBクルーズをご愛読いただければ幸いです。(M)
ame.gif


アイコン  コスタ・ビクトリアがケーキに! 11月20日(金曜日)
サムネイル画像
コスタ・クルーズの日本発着・日本海周遊クルーズのお披露目パーティーで、
コスタ・ビクトリアがケーキになって登場しました。かわいい! 
丸窓がずいぶんたくさんあるなーと思い船体写真をチェックしたら、実物も丸窓がたくさんありました!

船内では和朝食やラーメン、サブレストランでのしゃぶしゃぶの提供など、
日本発着ならではのサービスもあるそうです。
仮装パーティーやマイケル・ジャクソンのものまね「ICE」のショー(←これ、盛り上がります!)も楽しみです。(M)


アイコン  スターフルーツ丸かじり 11月13日(金曜日)
サムネイル画像
来年1月から、スタークルーズの「スーパースター ヴァーゴ」が初の中国発着を行います。
先日、そのお披露目クルーズの取材に行ってきました。

広州・南沙の港は、華南最大の貿易港。どこまでも敷地が広がっています。
初の広州発着ということで、あちこちにのぼりが立てられていたり、
中国獅子舞が披露されていたりと歓迎ムードでいっぱいでした。

出航が夜だったので、昼間は港から車で30分ほどのところにある「フィッシャーマンズワーフ」へ。
表の通りこそ、土産物など観光客向けの店が並んでいましたが、1本奥へ入ると、
魚の干物や果物などがずらりと並ぶ雑多な通りがずっと先まで続いています。
昼下がりの日差しがとてもよく似合うのんびりした雰囲気です。

ガイドさんにおすすめされるがまま、広州市の名物ジンジャーミルクプリンや、
カットフルーツ、ドライフルーツなどお腹いっぱい食べてしまいました。
スターフルーツの丸かじりも初体験。教えてもらったとおり、
星型の皮の角の固い部分を歯で取りながら、夢中になって食べました。(C)
kumori.gif


アイコン  師走の足音 11月6日(金曜日)
東京では昼間こそ20度を超える日が続いていますが、朝晩はだいぶ冷え込んできました。
ダウンコートを着ている方もちらほら。

例年この時期になると、パーティーや懇親会、忘年会などの予定が増えてきます。
今年も師走の足音がひたひたと近づいてきました。
あと2カ月で今年もおしまいなんですね。びっくりです。

昨夜は今年初の忘年会で、ちょっぴり飲み過ぎてしまいました。
体調を整えて、年末の忙しさを乗り切りましょう。
それではどうぞよい週末をお過ごしください。(M)
hare.gif


アイコン  アプリでクルーズ計画 10月30日(金曜日)
先日発表された飛鳥Uの新しいクルーズコース。
来年は春〜夏の世界一周クルーズがないので、飛鳥Uが日本にいるという貴重な年。
できあがったばかりのパンフレットを眺めていると、行きたいクルーズの
イメージ(というか妄想)がどんどんふくらんできます。

この新しいパンフレットを、本誌アプリの別冊付録として本日公開いたしました。
iPhoneとiPad版のみですが、無料でご覧いただけます。
通勤中やちょっとした待ち時間に気軽にチェックして、来年のクルーズ計画にお役立てください。(M)

https://itunes.apple.com/us/app/cruise-kuruzu/id916435397?l=ja&ls=1&mt=8
hare.gif


アイコン  2017年は「中国メガシップ元年」!? 10月23日(金曜日)
世界最大のクルーズ会社カーニバル・クルーズも、ついに中国配船を決定したようです。配船開始は2017年。同じ年にはプリンセス・クルーズ(14万トン)、ノルウェージャン・クルーズ・ライン(16万トン)、アイーダ・クルーズ(未定)も中国配船を発表しており、2017年は「中国メガシップ元年」ともいえる様相を呈しています。ロイヤル・カリビアンのクァンタム・クラス(16万トン)も2016年までに2隻が配船される予定です。しかもカーニバル・コーポレーションが中国の造船所、投資会社と合弁で船会社を設立というニュースまで。キャメロン英首相と習主席も同席した調印式とは、すごいですね。

さてこうなってくると、寄港地になるであろう日本の港はどうなるのでしょうか。いまでもすでに博多港ではバス不足が深刻化していますし、岸壁の予約も来年はほぼいっぱいの模様。各港の客船誘致は盛んですが、15万トンクラスのメガシップになると、対応できる港は限られています。上海や天津発着のショートクルーズでは関東まで行くのは難しそう。もしかすると、日本海側の港は新しいチャンスかもしれません。2017年に向け、各社がどのようなコースを打ち出してくるのか、注視したいと思います。

そして気になるのは、日本人も乗船のチャンスがあるのか、ということ。お隣のフィーバーぶりを見ながら、ちょっとうらやましい気もするのでした。(M)
kumori.gif


アイコン  投票、お待ちしております! 10月16日(金曜日)
毎年恒例の読者投票「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」の受付が始まりました。
今年で24回目を迎えるこのアワードは、クルーズ関連では国内唯一の読者投票によるもの。
海外にはこうしたアワードはたくさんありますが、どれも消費者の感性をビビッドに反映していると感じます。

中には「毎年、結果が変わりばえしない」なんていう厳しいお声も頂戴しますが、
結果を分析すると、その年の日本のクルーズの特徴をよく表しているな、と思うのです。

昨年、大躍進したプリンセス・クルーズが今年もさらに票を伸ばすのか、
総合部門第1位の座は果たして飛鳥Uのままなのか。
投票のゆくえは皆さんの一票にかかっています。

気軽にインターネットでも投票できます。
この週末にでも、ぜひご参加いただけるとうれしいです。(M)
http://www.cruise-mag.com/crsy2015/index.html
kumori.gif


アイコン  3連休は二子玉川へどうぞ 10月9日(金曜日)
サムネイル画像
二子玉川の「蔦屋家電」でクルーズの特設コーナーを開設中です。
10月末までの期間限定(予定)で、弊誌クルーズや臨時増刊号のほか、船を題材にした小説なども並んでいます。

このお店のコンセプトは「ライフスタイルを買う家電店」。
書店やカフェ、家電や文具など、さまざまな売り場が緩やかにつながる居心地のいい空間です。
お店のレイアウトが楽しく、ソファに座って本を「座り読み」もできてしまうので、つい長居してしまいます。

売り場には各ジャンルの専門知識が豊富な「コンシェルジュ」と呼ばれるスタッフがいて、
いろいろとアドバイスしてくれるのですが、その中の一人、旅行担当コンシェルジュの稲富守さんは
初代・飛鳥と飛鳥Uでツアーマネージャーとして長くクルーズに携わった方。
そのご縁があり、今回の特設コーナー開設となりました。

明日からの3連休、お時間のある方はぜひ二子玉川に足を運んでみてはいかがでしょう。(M)
hare.gif


アイコン  朝の体操 10月2日(金曜日)
シルバーウィークを利用して、母とヨーロッパへクルーズに行ってきました。
クルーズが初めてだった母も予想以上に楽しんでくれて、おかげさまでいい旅になりました。

ところで、皆さんはクルーズでは早起き派ですか、それとも寝坊派でしょうか。
私は、朝はできるだけのんびりしたいほう。一方、母は“超”早起き派です。

毎朝の日課がウオーキングとラジオ体操の母。クルーズ中も朝から何やらごそごそやっています。
クルーズ3日目、船内新聞に「朝のエクササイズ」を見つけたので、
「行ってみたら」と提案したところ、「一人だと英語がわからないし……」と母。
インストラクターのやっている通りに真似すればいいんだよ、
話しかけられたら「ノー・イングリッシュ」でだいじょうぶ、と送り出しました。

戻ってきた母は楽しかった様子で、結局最終日まで通い続けました。
腹筋運動はきつかったため、「ハード、ハード!」と身振り手振りで伝えたようです。
参加人数が少なかったせいか顔を覚えてもらえ、
船内ではいろいろなクルーから「エクササイズ!」と声をかけられ、ちょっとした人気者でした。
「エクササイズは国境を越える」ですね。(M)
kumori.gif


アイコン  ツーリズムEXPO 9月25日(金曜日)
ツーリズムEXPOジャパンが東京ビッグサイトで開幕しました。土・日は一般公開日。クルーズエリアにはプリンセス・クルーズやロイヤル・カリビアン、MSCクルーズなどが出展。クルーズ乗船やロゴグッズが当たるイベントもあります。大きなシップモデルや、客船や寄港地のすてきな写真と一緒に記念撮影!もおすすめ。

世界各国、日本各地のブースでは、一般的なガイドブックにはあまり詳しく載っていないエリアについてのパンフレットも入手できます。クルーズの寄港地で個人行動する際の資料集めにとっても便利です。

クルーズ以外で個人的に気になるのは、年末開業予定の北海道新幹線のブースと、スターウォーズ塗装の特別機の模型が見られるANAブース。昨年長蛇の列で食べるのを断念した「全国ご当地どんぶり選手権」もリベンジしたい……。週末はぜひ、ビッグサイトへどうぞ(T)。


Back