乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > 出版物 > バックナンバー クルーズ 2014年 > クルーズ 2014年3月号
CRUISE最新号

バックナンバー<紙面紹介>

クルーズ 2014年3月号
特集
プロに聞く!
いま乗るべき客船

世界中に300隻以上あるといわれるクルーズ客船。
情報はたくさんあるけれど、その中からどれを選ぶべきか
迷ってしまう方も多いのではないだろうか。
そこで、旅行会社の商品企画担当者やベテラン添乗員に
いま乗るべきおすすめの客船を聞いてみた。

特集1

・ラグジュアリー船はここが違う
・肩の力を抜いて楽しむ中型・大型船
・エリア別、この客船が狙い目
・これからの日本発着クルーズ
・サービスが行き届く小型船
・このクルーズがイチオシ!



第22回 本誌読者が選ぶ
クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー2013

毎年恒例の読者投票によるランキング特集。
2013年は外国船の日本発着クルーズが目白押しで、
クルーズへの関心が一般的に広まるなか、
本誌読者はどの客船をどう評価するのか。
アンケートに寄せられた生の声とともにご紹介しよう。

総合部門/日本船部門/外国船部門/外国船社部門/ エリア部門/海外の港部門/国内の港部門/フェリー部門
特集1

 

緑と光あふれる
新しいクリスタル・
セレニティへ

日本人が最も乗りやすい外国船のひとつ、
「クリスタル・セレニティ」。
この冬の大規模な改装を経て、また新たに生まれ変わった。
リドデッキには、緑と光あふれる新しい空間が誕生し、
クリスタル・ペントハウスも斬新なデザインとなった。


特集1

 

インドネシアの秘境へ

赤道にまたがるように、
1万8000超もの島が点在するインドネシア。
無数の島々からなるこの国をめぐるには、やはり船がふさわしい。
宗教芸術、熱帯の森、贅を尽くした葬儀、ヒッピーの聖地――。
独自の文化と歴史を持つ4島を紹介する。

特集1

 

●JOPA主催 クルーズ・オブ・ザ・イヤー2013
●日本の港にやってくる外国客船来航客船2014



【クルーズ・ズーム・アップ】
・船で訪れたい「未来の世界遺産」
・飛鳥Uが初寄港! 小笠原ブームの今後は
・南極クルーズが乗りどき?


【クルーズ・レポート】
・日本発着だけのフランス客船の楽しみ方(カンパニー・デュ・ポナン)
・飛鳥U、日本和装チャータークルーズ(郵船クルーズ)


●飛鳥U 船上で迎える夫婦のアニバーサリー
●〈商船三井創業130周年〉 にっぽん丸 伝統の受け継ぎ方
●ぱしふぃっく びいなす 日本の魅力を再発見
●地中海、メガシップ新時代


TOPIC TOPIC
・冬の最旬デスティネーション、いまキューバが熱い


好評シリーズ
【連載】
・中村庸夫が撮る飛鳥II
・世界の港町、歴史海道を行く—カナマルトモヨシ
・味なクルーズ、食べ歩き—吉田あやこ
・ダグラス・ワードのベスト・クルーズ
・クルーズ・プラス1—米山公啓
・クルーズお悩み相談室―藤原暢子
・外国客船誘致で日本を元気に
・ちょっとお耳に—西丸與一
・世界の港ガイド
・クルーズ英会話
・フェリー de クルーズ
・誌上放映「世界の船旅」
・ニュース クルーズ・ナビ
・クルーズ用語辞典
・持ち物リスト

【Reader's Page】
・読者の広場 クルーズ・ラウンジ
・読者プレゼント
・入港スケジュール
・クルーズ乗船カルテ

【Cruise Ship Schedule】
・世界クルーズマップ
・パッケージツアー
・日本船スケジュール
・外国船スケジュール
・国内フェリー
・国際フェリー
・レストラン船


本誌3月号43ページの記事に誤りがありました。
(正)阪急交通社取締役常務執行役員中路間茂樹氏
(誤)阪急交通社メディア営業二部海外営業二課二係係長諌山聡氏
訂正するとともに、読者の皆さま並びに関係者の皆さまにお詫び申し上げます。

購入する
ページTOPへ