乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

分譲型客船「ザ・ワールド」、この夏14カ所の日本寄港を予定
外国客船
2014/03/12
世界唯一の分譲型客船「ザ・ワールド」(4万3524トン)は、今年8月中旬より9月中旬までに、日本の14港に寄港する。同船のマネジメント会社ザ・ワールドの、セールス&マーケティングのシニア・ディレクターを務めるアンソニー・J・カデュゥ氏が来日し、日本寄港について改めて語った。「前回の日本寄港は2009年で5年ぶりとなるが、“住人”のみなさんにとって日本は人気のディスティネーション。寄港を心から楽しみにしている」と述べた。寄港を予定しているのは、那覇、奄美、鹿児島、長崎、金沢、函館、小樽、東京、横浜、名古屋、新宮、神戸、高松、広島。

ザ・ワールドは2002年に就航。現在は、全室が完売、19か国130家族が船上に“我が家”を所有している。所有者の乗船平均日数は年間4カ月、平均乗船人数は150〜200人。
同氏によれば、「この船は常にリノベーションを続け、今もまるで新造船のようにモダンで画期的。夜空を見ながら眠ることができるように屋外デッキに作られた天空のベッド(4つ)も人気が高い」など、快適性および革新的な同船のサービスの高さが“住人”の満足を得ているという。







ページTOPへ