乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

GSA3社、ラグジュアリーシップの取説セミナー開催
業界
2016/07/27
インターナショナル・クルーズ・マーケティング(ICM)、オーバーシーズ トラベル(OTA)、マーキュリートラベルの3社が26日、共同で旅行会社向けに「ラグジュアリーシップの取説」セミナーを都内で開催した。ラグジュアリー客船の中でも小型船を運航している「ポナン」、「シーボーン・クルーズ」、「シルバーシー・クルーズ」の3社について、客室やサービスの違いなどそれぞれの特徴を説明し、おすすめコースなどを紹介した。

シルバーシー・クルーズの日本販売代理店ICMの今川聡子社長は、乗組員1人あたりの乗客数が少ないことを特徴に挙げ、「ラグジュアリー客船はとにかくホスピタリティが素晴らしい。クルーが乗客の名前を覚えているのはもちろんのこと、好みまで覚えてくれる。細かいところまで行き届いたサービスが受けられる」と語った。

「シルバーシー・クルーズ」と「シーボーン・クルーズ」は全客室がスイート仕様で、ドリンクやチップ代などを含むオール・インクルーシブ制を採用している。シーボーン・クルーズの日本販売代理店OTAの本郷芳人シニアマネージャーは、「ノーと言わないサービスを提供している。シーボーンの乗客は比較的年齢層が若く、初めて乗船される方向けのイベントなども行っている」とアピールした。

「ポナン」はヨットスタイルでフレンチテイストのサービスが特徴的。ポナンの日本販売代理店マーキュリートラベルの東山真明代表は、「ラグジュアリーでありながら、とてもアットホームな雰囲気。ドレスコードも緩く、気を張らずに楽しんでいただけるはず」と述べた。

最後にそれぞれのおすすめコースを紹介。シルバーシー・クルーズは「シルバー・スピリット」(3万6009トン)の2017年5月31日発、チビタベッキア〜バルセロナの7泊クルーズ。料金は3,150ドルからで、日本人コーディネーターが乗船する。シーボーンは「シーボーン・オデッセイ」(3万2346トン)の2017年7月29日発、ピレウス〜イスタンブールの7泊クルーズ。乗客のみ無料で参加可能なエフェソス遺跡でのコンサートが楽しめる。料金は3,999ドルから。ポナンは「ロストラル」(1万700トン)の2018年3月6日発、シドニー〜ケアンズの9泊クルーズ。料金は3,070ユーロからで、日本人コーディネーターが乗船する。

写真はセミナーの様子







ページTOPへ