乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

JOPA、日本船の国内寄港回数発表 横浜港が14年連続トップ
業界
2017/02/02
日本外航客船協会(JOPA)は、日本籍クルーズ客船3隻(飛鳥U、にっぽん丸、ぱしふぃっく びいなす)の2016年1月〜12月の国内港湾寄港回数結果を発表した。合計寄港回数は593回で、前年の510回に比べ83回増となった。海外ロングクルーズの減少などが回数の増加につながった。

寄港回数最多は、横浜港がほぼ前年並みの87回で、14年連続トップ。第2位は神戸港73回(前年比20回増)、第3位は名古屋港31回(同1回減)、2013年以来4年ぶりに第4位となったのは東京港で17回(同7回増)、第5位は博多港16回(同2回増)となった。

目的地(寄港地)型の港としては、屋久島の宮之浦港が14回(前年比1回増)で第6位、小笠原の二見港が10回(同2回増)で第12位、利尻島の沓形港が8回(同1回増)で第14位、沖縄クルーズの拠点港でもある那覇港が11回(同1回増)で第9位となっており、離島クルーズの定番化を裏付ける結果となった。

そのほか、広島港が13回(前年比6回増)で第7位、函館港が12回(同8回増)で第8位と、北海道クルーズの拠点港である小樽港(10位)や、東北クルーズの拠点港である仙台塩釜港(13位)より上位にランクインした。これは季節に合わせた定番クルーズや新規顧客の開拓を狙っての地方港発着クルーズの増加、テーマや話題性にあふれたチャータークルーズの催行などが反映していると考えられる。

エリア別では、関東124回(前年比4回増)、九州103回(同21回増)、近畿93回(同16回増)、中部57回(同2回減)、東北54回(同8回増)、北海道54回(同15回増)などとなっている。







ページTOPへ