乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

「クイーン・エリザベス」2019年GWに横浜発着クルーズ実施
外国客船
2017/03/01
キュナード・ラインの「クイーン・エリザベス」(9万900トン)が2019年春に2本の横浜発着クルーズを実施する。1日、都内で会見を開き発表した。4月19日出航は横浜/函館/秋田/金沢/境港/釜山/八代/横浜をめぐる9泊。発着地横浜以外の日本の寄港地はすべて初寄港となる。4月28日出航はゴールデンウィーク利用で、横浜/広島/釜山/長崎/横浜をめぐる7泊。代金は4月19日出航が19万3700円〜、28日出航が15万8600円〜。販売開始は2017年4月19日(水)。

同社を販売するカーニバル・ジャパンの堀川悟社長は「クイーン・エリザベスによる2017年3月の神戸発着、2018年3月の大阪発着、2本の日本発着はともに即日完売となった。マーケティング会社、PR会社を新たに任命しブランド確立に力を入れている。2019年の日本発着は国土交通省港湾局、横浜港、そして多くの港の皆さまにご協力いただき、今回の実現となった」とあいさつ、関係各所に感謝の意を述べた。

来賓としてあいさつに立った菊地身智雄国土交通省港湾局長は「国土交通省は2020年にクルーズ訪日客500万人という大きな目標を掲げている。世界で最も人気のあるクイーン・エリザベスが2019年に2本の日本発着を行うことはわれわれの取り組みをキュナード社に高く評価いただいた結果と思っている。格式の高い同船の寄港によって受け入れ各港の格も一段と上がること、そして訪れた皆さんに日本の文化、食、自然など魅力ある観光資源を満喫していただく機会となることを期待している。北東アジアがカリブ海のような大きなマーケットに成長するよう取り組みを続けていきたい」と期待を語った。

横浜港は大黒ふ頭に新たな客船ターミナルを整備中。林文子横浜市長の感謝の言葉を伊東慎介横浜市港湾局局長が代読し、「海の女王クイーン・エリザベスは多くの横浜市民に愛されており、横浜港はその寄港を願い熱いメッセージを送り続けてきた。このたびその願いがかない、この上ない喜び。ベイブリッジに近い新バースからは横浜港の美しいインナーハーバーを一望でき、市街地へのアクセスも良好だ」とクルーズ実現の喜びと横浜港の魅力を紹介した。

カーニバル・ジャパンの児島得正キュナード事業部長がコースと戦略について説明。日本市場を重視する理由について、キュナードのアジア市場の80パーセント弱を日本が占めること、2017、2018年の日本発着が成功し新たな顧客獲得の機会が期待できる市場であること、欧米からの訪日需要の高さなどを挙げた。横浜発着クルーズはインターナショナルで乗客を募集し、日本人乗客は8割くらいを想定しているという。日本語を話すスタッフも各施設で対応できる程度の人数を配置する予定。児島氏は「2017年、2018年は希望しても乗船できない方もいたが、2019年は何倍もの客室を用意できる。ゴールデンウィークに日本から乗船できることで、普段なかなか乗船できない世代の人にも乗っていただけるのではと思う。ヨーロッパなど発着地への移動時間と飛行機代もかからない」と、クイーン・エリザベスのクルーズを体験する絶好の機会であることを説明した。

2019年、クイーン・エリザベスは恒例のワールドクルーズの代わりにオーストラリア発着、日本発着、北米(アラスカ)発着クルーズを実施する。需要の高いエリアで発着を行い、ワールドクルーズやヨーロッパクルーズなど同社の主要プロダクトへの乗船につなげる戦略という。


写真は左から堀川氏、菊地氏、伊東氏、児島氏。







ページTOPへ