乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

シンフォニー・オブ・ザ・シーズ、家族向けスイートなど新施設
外国客船
2017/10/20
ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(RCI)は、2018年3月就航予定のオアシス・クラス第4船「シンフォニー・オブ・ザ・シーズ」(23万トン)の新施設やエンターテインメントの新プログラムを発表した。子供が遊べる仕様の家族向けスイート客室や、RCI初となるニューイングランドスタイルのシーフードレストラン「フックト」、メキシコ料理レストラン「エル・ロコ・フレッシュ」などが登場。顔認証によるモバイルチェックインも導入する。

さらに、同船は就航を当初予定の2018年4月から約3週間早め、同3月31日に就航すると発表。以下の3コースを追加した。

・2018年3月31日発 西地中海クルーズ5泊「お披露目クルーズ」
バルセロナ〜ナポリ〜チビタベッキア〜バルセロナ
・2018年4月7日発 西地中海7泊「処女航海クルーズ」/同14日発 西地中海クルーズ7泊
バルセロナ〜パルマ・デ・マヨルカ〜マルセイユ〜ラ・スペツィア〜チビタベッキア〜ナポリ〜バルセロナ

新施設や新プログラムの詳細は下記のとおり。

■アルティメット・ファミリースイート
子供が遊べる仕様の家族向けスイート客室。125平方メートルのメゾネットタイプで、寝室2部屋が付いており、家族8人まで滞在可能。2階フロアの子供用寝室からリビングルームに続く滑り台やレゴブロックできた壁面、エアホッケーテーブル、ムービーシアター、ポップコーンマシーンなどを設置する。バルコニーにはミニビリヤードや小さな子供用のアスレチック遊具、ジャクジーを用意。バトラーサービスが付いており、同社客船のスイート最上級客室「ロイヤル・スイート・クラス」と同等のサービスやプレミアム・アメニティーを利用できる。

■プレイメーカーズ・スポーツバー アーケード
大画面のテレビスクリーン30台で世界中のスポーツイベントを見ることができる。

■フックト(Hooked)
同社初のニューイングランドスタイルのシーフードレストラン。船前方のソラリウムに設置し、海を眺めながらランチ、ディナーを楽しめる。

■エル・ロコ・フレッシュ(El Loco Fresh)
注文を受けてから調理するメキシコ料理レストラン。スポーツゾーンの屋外レストランとなり、席数は100席以上を用意。

■シアターショー「ヘアスプレー」「フライト」「HiRo」
かつて同社が船上で上演していたブロードウェーミュージカル「ヘアスプレー」が復活。同作とともにメイン公演として、同社オリジナルの「フライト」を上演する。同作は飛行機の進化を描いた歴史風刺劇となり、ライト兄弟へのオマージュで幕を閉じるもの。野外劇場「アクアシアター」では、飛び込みやアクロバットを取り入れた新たな水中ショー「HiRo」の公演を行う。

■アイススケートショー「1977」
アイススケートリンクでは、ハイテクアイススケートショー「1977」が登場。舞台は英国女王戴冠25周年記念式典の前夜、戴冠用宝玉をめぐってロンドンで繰り広げられる盗難劇が楽しめる。

■アイススケートリンクでの新アクティビティー
最新テクノロジーと特殊効果を駆使したバトル型アクティビティーでは、アイススケートリンクを暗闇の空間とし、参加者が敵味方に分かれ、光るレーザー銃で戦う。チームアクティビティーとして、攻略ゲームを楽しむパズルブレイクも登場。チームに分かれ、潜水艦を模した部屋から制限時間内に脱出する。

■顔認証によるモバイルチェックイン
顔認証、バーコード、ビーコンを組み合わせた新システムを導入し、カウンターでの待ち時間や手続きの手間を省き、よりスムーズに乗船手続きを行う。乗客はクルーズ専用のアプリでセキュリティー用の「自撮り」写真をアップロードし、乗船に必要なアカウントを作成することができる。乗船の際はセキュリティーチェック後、そのまま客室に直行でき、客室でルームキーを受け取る。

写真左:「アルティメット・ファミリースイート」イメージ
写真中:「エル・ロコ・フレッシュ」イメージ
写真右:アイススケートリンクでのバトル型アクティビティーイメージ







ページTOPへ