乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

ドリームクルーズ第2船「ワールド ドリーム」命名式を香港で開催
外国客船
2017/11/21
ドリームクルーズは17日、同社2隻目となる新造船「ワールド ドリーム」(15万695トン)の命名式を、母港となる香港のカイタック・クルーズターミナルに停泊中の同船上で実施した。

命名者は第1船「ゲンティン ドリーム」同様、親会社ゲンティン香港のタン・スリ・リム・コック・タイ会長夫人のプアン・スシ・セシリア・リム氏。式典には香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官も出席し同地への就航を祝った。香港でクルーズ客船の命名式が実施されたのは今回が初めて。

タン・スリ・リム・コック・タイ会長はあいさつで「ゲンティン香港は24年前スタークルーズを創業し、香港に本社を置き、アジアクルーズ市場をパイオニアとして牽引してきた。一年前香港に就航したゲンティン ドリームは30万人以上のインターナショナルな乗客をこの地域に呼び込み、多くの雇用を生み出しホテルや航空業界に貢献した」と香港との深いつながりについて語った。

林鄭月娥行政長官は「クルーズ港としての香港は成長を続け、今年香港に寄港する客船は約250に上る。ワールド ドリームは香港のクルーズハブとしての地位確立の大きなる記念となる。香港でのクルーズ客船の命名も初めてのこと」と同地の発展へのドリームクルーズの貢献をたたえた。

ワールド ドリームは基本的な設計は第1船と同じだが、VR体験施設「ESCエクスペリエンス・ラボ」や新レストラン「プライム・ステーキハウス」「シーフードグリル」など新しい施設も備える。専用レストランやプールが利用できる「ゲンティンパレス」対象のスイート客室も拡充した。

今後は香港を母港に金〜日の無寄港2泊クルーズと、日〜金のマニラ・ボラカイ島クルーズ5泊、ホーチミン・ニャチャンクルーズ5泊を実施する。クルーズ代金はバルコニー客室が2泊4万4600円〜、5泊10万8400円〜。ドリーム スイートが2泊7万150円〜、5泊16万4200円〜・

写真1点目:ワールド ドリーム
写真2点目:命名式。左からリム会長、林鄭行政長官、リム夫人
写真3点目:新レストラン「シーフードグリル」







ページTOPへ