乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

川崎近海汽船、「シルバーティアラ」が進水
フェリー
2017/12/19
川崎近海汽船のフェリー「シルバーティアラ」(8,600総トン型)の進水式が18日、内海造船・瀬戸田工場で開催された。

新造船は現在、八戸〜苫小牧航路に投入されている「シルバークィーン」(7,005総トン型)の後継船。来年4月に完工し、同航路に就航する。一方「シルバークィーン」は6月開設の宮古〜室蘭航路に転配される。

「シルバーティアラ」は2基2軸、2舵を備えたカーフェリー。車両甲板を3層備え、大型バイクも多数搭載できる。バリアフリー設備として、車両甲板と旅客乗船口から客室エントランスに直接移動可能なエレベータを右舷側に装備している。旅客面では、オーシャンビューを満喫できるビューシートと、大海原を望むフリースペースのプロムナードを設置。ペットと一緒に入室できる1等室、女性専用の「あかちゃんルーム」を新設したほか、2等寝台は個室のシングルベッドルームと家族やグループ旅行に最適な2段ベッドを備えた洋室の2種類を設けている。

シルバーティアラ主要目
総トン数:約8,600トン
全長:約148.8メートル
幅:23.4メートル
航海速力:19.7ノット
車両積載能力トラック(12メートル)82台、乗用車30台、大型バイク57台
旅客定員:494人

写真:進水する「シルバーティアラ」







ページTOPへ