乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

ドリームクルーズ、洋上初のeスポーツ施設を設置
外国客船
2018/05/16
ドリームクルーズは、「ワールド ドリーム」(15万695トン)船上に、洋上初となるeスポーツ(コンピューターゲーム競技)専用施設を導入した。広さ160平方メートルで、同船のVR(ヴァーチャルリアリティー)体験施設「ESCエクスペリエンスラボ」内に設置した。10人のプレイヤーと80人のライブ視聴者を収容可能。eスポーツイベントは船内シアターや各所のLEDスクリーン、客室TVなどにも配信できる。

同船では全出航日で、無料のワークショップやトライアルゲームを通じeスポーツ施設のスタッフから基本を学ぶことができる。「DOTA」や「ストリートファイター」、「鉄拳」など人気作品・有名作品をはじめ幅広いセレクションをそろえた。

コンピューターゲームをスポーツのひとつとして競技化した「eスポーツ」は成長を続けており、2020年のアジア競技大会では正式なメダル種目に。現在2024年の夏季オリンピックで正式種目としての追加が検討されている。ワールド ドリームの発着地でもある香港特別行政区では、eスポーツの普及のために2018年〜19年にかけ1億香港ドルの予算が財政長官により公約されている。

同船では施設開設を記念して、香港で最も聴取率の高いラジオ放送局CR1とコラボレーションしeスポーツのサッカー競技を開催した。







ページTOPへ