乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

川崎近海、フェリー「シルバープリンセス」進水
フェリー
2011/11/15
川崎近海汽船が建造中のフェリー「シルバープリンセス」(写真)の命名進水式が11日、三菱重工業下関造船所で行われた。同船は来年春、八戸/苫小牧航路就航予定(認可申請中)。来年4月5日に竣工後、一般公開、トライアル運航を経て、4月9日頃の就航を予定している。

川崎近海汽船の石井繁礼社長が命名進水式祝賀会であいさつし、「八戸/苫小牧航路の年間輸送量はトラック14万台、乗用車5万台、乗客32万人に達する本州と北海道を結ぶ重要な生活インフラであり、その利便性の高さから各方面から輸送力の拡充を切望されていた。「シルバープリンセス」は、それに応えるべく車両積載能力を増強し、客室も客船建造では日本一の三菱重工のお力によって“くつろぎ”と“プライバシー重視”のコンセプトを巧みに実現していただいた。就航の暁には乗客の皆様に新鮮な驚きと、十分な快適さを堪能していただけるものと大いに期待している」と述べた。

同船は「フェリーはちのへ」(1989年竣工)の代替船で、三菱重工では98年の「シルバークィーン」、99年の「ほっかいどう丸」に続くフェリー建造となる。(日刊海事プレス)







ページTOPへ