乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

ヴァージン・グループ、クルーズ船社立ち上げへ
外国客船
2014/12/08
ヴァージン アトランティック航空などを運営するヴァージン・グループが、「ヴァージン・クルーズ」を立ち上げ、クルーズ市場に参入することがわかった。ヴァージン・クルーズはマイアミを拠点にし、2隻の新造船を建造する。就航時期は未発表。

ヴァージン・グループの創設者でもあるリチャード・ブランソン会長は、「われわれは顧客が好むバカンスを提供し、クルーズ産業に一石を投じることを目指している。楽しく、さまざまな経験ができる最新鋭の客船で、名高いヴァージン流のサービスを提供する」と語った。

ヴァージン・クルーズの立ち上げにあたっては、トム・マックアルピン氏をCEOに迎えた。同氏は直近までマンション客船「ザ・ワールド」のCEOを務めており、過去にはディズニー・クルーズラインの社長も務めていた経験もある。

トム・マックアルピンCEOは「乗客は今あるものとは違ったもの、より良いサービスを受けるべきだと考えている。ヴァージン・グループは今までのクルーズファンはもちろん、新たな世代の乗客にもあっと驚くような経験をもたらすだろう。このような好機はめったになく、自分自身このビジネスを手がけること、クルーズ市場にヴァージン・ブランドを売り出すことにわくわくしている」と語った。

この新しい事業を立ち上げるに当たって、ヴァージンは世界最大のプライベート・ファンドのひとつであるベインキャピタルと提携する。ベインキャピタルのステファン・パリュウカ・マネージング・ディレクターは、「ヴァージン側との初期の話し合いからすぐに、新たなクルーズ会社の立ち上げに協力することは、ユニークなビジネス・チャンスだと判断した」と語った。

写真は新たに就任したトム・マックアルピンCEO。







ページTOPへ