乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース

ニュース

サンとボイジャー、横浜に同日入港
港
2015/06/03
プリンセス・クルーズの「サン・プリンセス」(7万7,441トン)とロイヤル・カリビアン・インターナショナルの「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」(13万7,276トン)の2隻が5月27日、横浜港に寄港した。

「サン・プリンセス」はシドニー発着で、アジア・南太平洋を周遊する42日間クルーズの途中に寄ったもの。同船の横浜来航は2010年3月の初入港以降、6年連続。「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」は天津発着11日間クルーズで寄港。同船の横浜入港は4回目。ベイブリッジ下を通過できないため、大黒ふ頭T-1・T-2バースに着岸した。

「サン・プリンセス」のロレンツォ・パオレッティ船長は、「大さん橋に着岸する際の素晴らしいオペレーションに対し感謝する。このクルーズはアジア各地に寄港するが、日本、特に横浜は見どころが多い港です。乗船客は様々な文化に触れることを楽しみにしている」とコメント。「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」のチャールズ・テイガ船長は「横浜に再び来ることができ、うれしく思う。スムーズに受け入れてくれたことを感謝する。本船はすべての乗船客に喜んでもらえる施設が整っており、とても誇りに思っている。両親は神戸で結婚したので、とても日本に縁を感じている。日本がとても好きだ」と語った。

横浜市は両船長を表敬訪問し、港湾局賑わい振興課の江成政義課長から記念品を贈呈した(写真左/ロレンツォ船長、右/チャールズ船長)。







ページTOPへ