乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

「きたきゅうしゅうU」、三菱下関で命名・進水式
フェリー
2015/07/02
名門大洋フェリーの新造フェリー「きたきゅうしゅうU」の命名・進水式が2日、三菱重工業下関造船所で行われた。

名門大洋の阿部哲夫代表取締役社長、三菱重工の柳澤執行役員など関係者約70人と、多くの一般見学者に見守られる中、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構の最勝寺潔理事長代理が命名、北橋健治北九州市長夫人の北橋真弓さんが支綱切断した。

同船は、9月と11月に大阪南港〜北九州・新門司港間の航路に代替投入される新造船2隻の2番船。ハイブリッド型推進方式を採用し、空気潤滑システムやアジマス・スラスターなどの搭載により省エネを実現。二層同時荷役方式の導入で荷役時間を短縮し、貨物ユーザー向けにサービスを強化する。

また、旅客対策として個人客のニーズに合わせたシングルルームやツインルームを増設する。トイレ付きツインルームも登場する。ほかにも、電気自動車用充電器の設置、ファミリー客向けの授乳室、キッズルーム、女性客のためのパウダールームを新たに設けるなど、多くの新機軸を盛り込んでいる。

発着地の京阪神と北九州・福岡の2大都市圏を思い起こすシャープで洗練された「クールトーン」を基本コンセプトに、次世代の“シティ・ライン”にふさわしいデザインとしている。主要目は、以下のとおり。
▽約15,000総トン、全長183メートル、全幅27メートル、、車輌積載台数トラック(12m換算)約146台、乗用車約105台、旅客定員 713人







ページTOPへ