乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース

ニュース

飛鳥U、新プロダクションショーの上演を開始
日本客船
2015/07/14
郵船クルーズは8日、世界一周クルーズ途上の「飛鳥U」(5万142トン)で新作のプロダクションショー「Cinema」(シネマ)の上演を開始した。『雨に唄えば』や『レ・ミゼラブル』など全18作品に登場する映画音楽にのせて、映画のワンシーンをステージ上で再現するもの。飛鳥Uのプロダクションショーは同船だけのために作られるオリジナルのもので、同作は43作目となる。今年はさらに新作2作品の上演を予定しており、計3作品がショーのラインナップに加わる。

2作目は、同船の2代目マジシャンとなるTAKUYA氏によるイリュージョンショー「Lost in Time」(ロスト・イン・タイム)。さまざまな時代をタイムトリップするストーリー性のあるイリュージョンショーとなっている。13日に初上演。3作目は飛鳥クルーズ就航25周年オープニングクルーズ「長崎・釜山クルーズ」中に初披露する予定。







ページTOPへ