乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

小樽港、クルーズセミナーで後志地域の魅力を発信
業界
2016/11/17
小樽港クルーズ推進協議会は16日、「小樽港クルーズ・プロモーション」を都内で開催した。船会社、旅行会社、メディアなど関係者に向けて、小樽港や仁木町、古平町、積丹町などの後志地域の魅力や最新の観光情報を紹介した。

小樽港クルーズ推進協議会の森井秀明会長(小樽市長)は「小樽港は開港以来、北海道の経済の発展の拠点となった港で、小樽駅にもアクセスが良いことから、クルーズ客船の寄港地として注目を集めている。現在、小樽港第3ふ頭の岸壁改良を実施しており、将来的には13万トンクラスの客船が接岸できるようになる予定だ。今後、さらに客船の誘致活動に力を注いでいきたい」とあいさつ。今年4月にオープンしたニトリ小樽芸術村や2017年夏にオープン予定の日本近代絵画美術館などを紹介し、「小樽はこれから芸術に見合う街としても発展していきたい」と抱負を語った。

セミナー後は、懇親会・名刺交換会を実施。地元のワインや日本酒などを振る舞い、各観光協会はそれぞれの魅力をアピールした。

写真左:森井会長
写真右:地元ワインの試飲ブース







ページTOPへ