乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

プリンセス、日本でも新・寄港地体験プログラム開始
外国客船
2019/04/15
プリンセス・クルーズは日本を訪れる海外からの乗客を対象に、日本各地の専門家と提携し、その土地ならではの体験を楽しめる「ローカル・コネクション」プログラムを日本でも開始する。国土交通省とのパートナーシップにより、その地域でしか味わえない食、飲み物、芸術、文化などにふれる体験を実現させる、としている。

各地の有名シェフや飲料メーカー、芸術家や職人と提携し、30本のツアーを新たに設定する。設定寄港地は釧路、小樽、函館、青森、石巻、酒田、清水、金沢、敦賀、四日市、鳥羽、和歌山下津、大阪、舞鶴、境港、松山、高知、油津、鹿児島、那覇、石垣島の21の寄港地で、随時追加する。例として、酒田では東北銘醸での日本酒試飲と寿司職人との昼食、鹿児島ではお茶の里と沈壽官窯、高知では書道・日本酒と文蔵での昼食を楽しむ高知ハイライト、四日市では伊賀上野城、忍者ショーと忍者ランチなどを予定している。

同社の「ローカル・コネクション」プログラムは、2016年に開始。アラスカやオセアニア、 バルト海、英国周遊、南米など世界各地で実施している。







ページTOPへ