乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース

ニュース

飛鳥U、2021年オセアニアグランド中止、2022年に実施
日本客船
2020/10/26
客船「飛鳥U」(50,444トン)を運航する郵船クルーズは、2021年1月26日に出航を予定していた「2021年オセアニアグランドクルーズ」を中止した。催行可否の検討を重ねてきたが、昨今の状況を総合的に判断し、催行中止を決定したとしている。2021年2月〜3月の新たなクルーズスケジュールは、後日発表を予定。

このクルーズに代わって、同社は「2022年オセアニアグランドクルーズ」の実施を発表した。「2022年オセアニアグランドクルーズ」は、2021年の同航路の運航スケジュールを引き継ぎ、2022年2月2日に横浜、翌3日に神戸を出発し、サイパン、オーストラリア(ケアンズ、シドニー、メルボルン、タスマニア島・バーニー)、ニュージーランド(ミルフォードサウンド通航、オークランド)、バヌアツ(ポートビラ)、グアムをめぐり、3月14日に横浜、翌15日に神戸に帰着する各41日間の日程。

8つの寄港地のうち、シドニーでは停泊し2日間滞在、タスマニア島・バーニーへは初寄港する。ニュージーランド・フィヨルドのミルフォードサウンドも通航、自然探訪と街歩きの両方が楽しめる航路となっている。

クルーズ特典として、ケアンズでは「キュランダ半日観光」、シドニーでは「シドニー半日観光」がつく。バヌアツ・ポートビラでは地元住民との交流会を予定している。寄港地からのランドツアー(別料金/定員制)では、世界遺産のエアーズロック(オーストラリア)やマウントクック(ニュージーランド)を訪れるツアーを企画している。

船内エンターテイメントでは、特別企画として文藝春秋とコラボレーションし、直木賞作家・山本一力氏によるトークショーを開催。テノール歌手の錦織健氏や、歌手・つのだ☆ひろ氏、ジャズピアニストの国府弘子氏によるスペシャルステージのほか、中国料理「礼華」新山重治シェフによるスペシャルディナーなども予定。

販売開始は2020年12月11日(金)を予定している。スケジュールは下記。

■2022年オセアニアグランドクルーズ
2022年2月2日(水)〜3月15日(火)
□Aコース:横浜〜神戸〜サイパン〜ケアンズ〜シドニー(停泊) 〜メルボルン〜バーニー〜(ミルフォードサウンド通航) 〜オークランド〜ポートビラ〜グアム〜横浜(40泊41日)
□Bコースは神戸発着(40泊41日)
3,141,000円〜10,761,000円(A・Bコース共通)
※早めの予約・支払で旅行代金が割引となる「グランド特別割引」、「早期全額支払割引」、「早期申込割引」設定あり







ページTOPへ