乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > 特集INDEX > 緑と光あふれる新しいクリスタル・セレニティへ
カルフォルニア・リビエラをイメージ
洗練の空間で選べるビュッフェ

クリスタル・セレニティがこの冬、カディス(スペイン)のナバンティア造船で実施した改装の費用は1700万ドル(約17億円)。同船の改装費用はこの2年間で5 200万ドル(約52億円)に上る。改装のたびに、よりスタイリッシュで快適な空間が生まれ、繰り返し乗る人にとっても新鮮な気分でクルーズを楽しむことができる。

今回の改装では、リドデッキの船尾にあるリド・カフェも新しくなった。

ビュッフェカウンターはコーナー別のアイランド形式に。これなら、ソーセージやハッシュドポテトといった温かい料理や、チーズなどのコールドミール(冷菜)、サラダ、フルーツ、パンというふうに、料理ごとにコーナーが分かれているから、トレーを持ってずらりと行列に並ばなくてすむ。温かいものはより温かく、作りたてが食べられるのもうれしいポイントだ。

インテリアには天然石や鉄などの天然素材を用い、レストラン「テイスト」から続く照明の幾何学模様がモダンな印象を与える。壁にはカラフルなモダンアートが飾られ、明るい空間となっている。二人席が増えたので、相席で気を使う場面も少なくなるだろう。窓際の席からは海がよく見える。天気のいい日には屋外のデッキに出て、航跡とともに食事を楽しめる。

 

クリスタル・セレニティ
「リド・カフェ」のカウンター。料理別のアイランド形式になった
クリスタル・セレニティ
窓際は海を見渡す特等席(リド・カフェ)。バレンシア港にて
クリスタル・セレニティ
船尾デッキで開放的な朝食を
クリスタル・セレニティ
色調がモノトーンになり、シンプルでモダンな印象になったビュッフェカウンター
クリスタル・セレニティ
カラフルなモダンアートに時折、はっとする(リド・カフェ)
ページTOPへ