News

プリンセス、豪クルーズも運航中止延長 12月12日まで

2020.08.28

プリンセス・クルーズは、ニュージーランドを含むオーストラリアクルーズの運航中止を延長し、12月12日までとすると発表した。新型コロナウイルスの影響や航空便の制限などにより決定したもの。 同社はすでに、他エリアの12月15日までの運航中止延長を発表済み。ヨーロッパ、カナダ・ニューイングランドクルーズは2020年出発の全クルーズが中止、2021年初頭の「アイランド・プリンセス」(9万2822トン)によるワールドクルーズと、「パシフィック・プリンセス」(3万312トン)による南米周遊クルーズも中止が決定している。

TOPへ戻る
シェアアイコン