News

プリンセス、運航休止を延長 日本発着12月7日まで

2020.07.27

プリンセス・クルーズは、運航中止をさらに延長し、オーストラリア発着は10月31日まで、アジアやカリブ海、カリフォルニアコーストなどは12月15日までとすると発表した。新型コロナウイルスの影響や航空便の制限などにより決定したもの。 「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5906トン)による日本発着クルーズは、12月7日出発分まで中止。ヨーロッパ、カナダ・ニューイングランドクルーズはすでに、2020年出発の全クルーズの中止が決定している。 中止となったクルーズは以下のとおり。 ・2020年10月31日までに出発するオーストラリア発着クルーズ(マジェスティック・プリンセス、リーガル・プリンセス、サファイア・プリンセス、シー・プリンセス、サン・プリンセス) ・2020年12月15日までに出発するアジア、カリブ海、カリフォルニアコースト、ハワイ、メキシコ、パナマ運河、南米&南極、タヒチ・南太平洋のすべてクルーズ

TOPへ戻る
シェアアイコン