News

北九州港、阪九フェリー新造船の歓迎訪船

2020.07.10

北九州市港湾空港局は6日、阪九フェリーの新造船「やまと」の歓迎訪船を1日に実施したと発表した。同船は神戸~新門司航路に投入されており、3月に就航した「せっつ」に続く新造フェリー。1日に北九州港・新門司地区に初入港した。

同船は三菱重工業下関造船所で建造。約1万6300総トンで、全長195メートル、全幅29.6メートル、積載能力がトラック277台、乗用車188台、旅客663人となっている。

写真(左):歓迎訪船では、「やまと」の岡田匡章船長や、金川達也機関長らに記念楯や花束などが贈呈された
写真(右):やまと

北九州港、阪九フェリー新造船の歓迎訪船
北九州港、阪九フェリー新造船の歓迎訪船
TOPへ戻る
シェアアイコン