News

ガラパゴス専用「シルバー・オリジン」、経営トップ集め引渡式

2020.06.08

オランダのデ・フープ造船所は3日、シルバーシー・クルーズ向け5800トン型ラグジュアリー客船「シルバー・オリジン」を引き渡した。同船は、シルバーシーがロイヤル・カリビアン・クルーズ・リミテッド(RCCL)の傘下に入って初めての新造船。「目的地専用船」として、ガラパゴス諸島クルーズに8月22日から通年就航する予定。

ロッテルダムでの式典にはマンフレディ・ルフェーブル・デヴィディオ会長、ロベルト・マルティノーリ社長兼CEO、ダミアン・オコナーホテルオペレーション担当SVP、バーバラ・マッカーマン最高マーケティング責任者らシルバーシーの経営トップが出席した。ロックダウンが講じられて以降、関係者を集めてクルーズ船の引渡式が行われたのはこれが初めて。

「シルバー・オリジン」は目的地の自然環境、条件に合わせて特別に設計した専用客船で、乗客定員100人に対して乗組員は90人。クルーズ代金はオールインクルーシブ。シルバーシーの他の客船と同様、業界最上級クラスのホスピタリティーを提供する。客室は全室スイート・バルコニー付き(30〜160平方メートル)で、バトラーがサービスする。一部のスイートには、ボタンを押すだけで床から天井までの窓になるホライゾンバルコニーを用意。また、ほとんどの上級スイートにはオーシャンビューのバスタブとシャワーが付いており、バルコニーからアクセスできるタイプもある。

船尾に格納型のマリナー施設を備えるほか、8隻のゾディアックボートを搭載。船内ではガラパゴスの永住者で国が認定した専門家が、ガラパゴスの希少な野生動植物や景観、歴史などについてレクチャーする。さらに、624×162センチメートルのインタラクティブ・デジタルスクリーンを配置。ロンドン王立地理学会が提供する歴史的な写真、航空写真や水中写真を収めたビデオ、ショアエクスカーションのプレビューなど、目的地に関する特別なコンテンツを用意する。

船内2カ所のレストラン(100人席)、グリル(120席)ではエクアドルの食材などを生かした料理を提供する。

TOPへ戻る
シェアアイコン