News

大阪初のツーリズムEXPOジャパン、15万人が来場

2019.10.29

旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン」が10月24日~27日、インテックス大阪で開催され、合計15万人が来場した。主催の日本観光振興協会、日本旅行業協会(JATA)、日本政府観光局(JNTO)が28日発表した。開催前は13万人を見込んでいていたが、それを上回った。大阪・夢洲で2025年大阪・関西万博が開催され、IR(統合型リゾート)の誘致も行っているため、IRエリアには関連企業が多く出展した。また出展したクルーズ船社は、クルーズ・ゾーンだけでなく、国エリアで参加したところも見られた。来年は10月29日~11月1日、沖縄で初開催する。会場は沖縄コンベンションセンターおよび周辺施設。なお9月10日~12日、東京ビッグサイト・青海展示場で東京商談会も開催する。

写真左=IR企業サンズのブースでは歌や手品など披露
写真右=盛況なセレブリティ・クルーズのブース

大阪初のツーリズムEXPOジャパン、15万人が来場
大阪初のツーリズムEXPOジャパン、15万人が来場
TOPへ戻る
シェアアイコン