News

タイタニック建造の造船所が経営破綻

2019.08.09

海外紙などによると、客船「タイタニック」を建造したことで知られる老舗造船所、英アイルランドのハーランド・アンド・ウルフ造船(H&W造船)が先ごろ経営破綻した。親会社のノルウェーの掘削会社ドルフィン・ドリリング社が6月に倒産し、売却先を探したが、買い手が見つからなかった。H&W造船は、1989年からノルウェーの海運会社フレッド・オルセン・エナジー社(現ドルフィン・ドリリング)が親会社になっていた。新造船事業は2003年に進水した艦艇を最後に撤退し、その後は船舶などの修繕業とエンジニアリング、海洋構造物の製作にシフト。近年は洋上風力発電や潮流発電などに注力していた。従業員数は約130人。

TOPへ戻る
シェアアイコン