News

RCI初のワールドクルーズ発表、史上最長274泊

2021.10.21

ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(RCI)は、同社初となるワールドクルーズを2023年末~2024年に実施すると発表した。運航船は「セレナーデ・オブ・ザ・シーズ」(約9万トン)で、2023年12月10日から2024年9月10日の274泊マイアミ発着。ワールドクルーズとしては史上最長となる。世界7大陸の150都市65カ国を訪れる。区間乗船は(1)北米・南米・南極、(2)アジア・オセアニア、(3)中東・東地中海、(4)西地中海・北欧・大西洋横断の4本設定。アジア・オセアニア周遊は2024年2月11日~5月9日で、東京、清水、大阪、沖縄など日本来航も予定している。

TOPへ戻る
シェアアイコン