News

カーニバル第2四半期、純損失21億ドル、予約は前期比4割増

2021.06.25

カーニバル・コーポレーションは23日、2021年度第2四半期決算(2021年3月~5月)を発表した。新型コロナウイルスの影響による運航停止が続いていることから、純損失は21億ドル(約2326億円)に達した(米国会計基準)。一方、予約は前期比45パーセント増と好調。2021年上半期のキャッシュバーンレートは月平均5億ドルで、船舶の売却のタイミングなどにより予測より抑えられた。

同グループは年度末(2021年11月末)までに傘下の8ブランドで計42隻の運航を再開する計画。これはグループ全体の運航船の半数以上にあたる。

TOPへ戻る
シェアアイコン