News

MSCクルーズ、海洋環境保護賞を受賞

2020.12.18

MSCクルーズは、同社の持続可能性プログラムにおいて北米海洋環境保護協会の2020年海事産業部門で海洋環境保護賞を受賞した。今後就航予定のLNG船9隻のうち、第1船「MSCエウローパ」(20万5700トン)の建造を2019年に開始したこと、同社のプライベート・アイランド「オーシャンキー MSCマリンリザーブ」の復旧作業、使い捨てプラスチックを全船で撤廃したことなどの取り組みが評価された。 同社の持続可能性プログラムは、地球、人、場所、調達の4つの柱をもとに、船内での環境への取り組みの強化、全スタッフへの配慮、多様性の促進・受け入れ、寄港先のコミュニティーに好影響となる取り組み、責任ある商品・サービスの調達などを目指し進めている。 MSCクルーズのピエルフランチェスコ・ヴァーゴ会長は、「今回の受賞により、わが社のゼロ・インパクトへの取り組みが認められたことは大変名誉なことだ。今後、全船の環境負荷低減と、次世代テクノロジー・ソリューションへの投資を継続的に進めていきたい」と述べた。

TOPへ戻る
シェアアイコン