News

フェリーさんふらわあ、船内を医療機関レベルの空気清浄度へ

2020.08.13

フェリーさんふらわあは、日本旅客船協会が定める新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインを遵守することに加え、独自の「さんふらわあ基準」を設けて、新型コロナウイルス感染予防対策に努めている。今回、ダイキンMRエンジニアリングが販売する抗菌・抗ウイルスフィルターならびに業務用空気清浄機等を同社の全船に導入することで、船内を医療機関レベルの空気清浄度に保つ取り組みを実施し、より安心・安全な船旅を提供していく。これらの整備を行った客室やパブリックスペースには、順次対策済みのステッカーを貼る。また、すでに実施中の徹底した船内清掃・消毒、船内の換気、ツーリスト(相部屋)の配慮なども継続していく。

対象船:大阪~別府航路 さんふらわああいぼり・こばると、神戸~大分航路 さんふらわあごーるど・ぱーる、大阪~志布志航路 さんふらわあさつま・きりしま
実施内容:①エアコンへの抗菌・抗ウイルスフィルターの取り付け(9月上旬以降順次導入)
各船室ならびにパブリックスペース・セントラルエアコンに設置しているエアコンフィルターを、ダイキン工業(以下、ダイキン社)製の抗菌・抗ウイルスフィルターに取り替え。同フィルターは、フィルター表面に付着した特定のウイルスを2時間で99.995%低減化させる効果があり、室内の空気を清浄に保つ。
②高性能HEPAフィルター付き業務用空気清浄機の設置(9月中旬以降順次導入)
プロムナード・レストラン・大浴場等のパブリックスペースに、高性能フィルターを装備した業務用循環式空気清浄機を設置する。1分間あたり最大15立方メートルの空気を循環させる能力のある空気清浄機に、粒径0.3マイクロメートルの粒子を99.97%以上捕集できる能力のあるHEPAフィルターを取り付けることにより、室内の空気を清浄に保つ。
③「パワフル光クリエール」の設置(8月3日以降順次導入)
各船ツーリスト(相部屋)ではすでに定員を削減し、隣席と一定間隔を開けた配席を行っているが、さらに一部の客室では、ダイキン社製のカビ・細菌・ウイルス等を5層構造でパワフルに分解する業務用空気清浄機「パワフル光クリエール」(※)を設置し、1分間あたり最大12立方メートルの空気を循環させることにより、室内の空気を清浄に保つ。
(※)パワフル光クリエール:ダイキン社独自のストリーマ技術を採用した空気清浄機。同社は「ストリーマ技術」が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する不活化効果を確認できたと7月16日に発表。

フェリーさんふらわあホームページ https://www.ferry-sunflower.co.jp/

TOPへ戻る
シェアアイコン