News

ロイヤル・カリビアン、カーニバルなど運航停止を延長、10月末まで

2020.08.06

クルーズ・ライン国際協会(CLIA)が米国内での運航停止を10月31日まで延長したことを受け、主要船社が停止期間延長を決定している。

ロイヤル・カリビアン・インターナショナルとセレブリティ・クルーズは1カ月延長し、10月31日まで運航停止。ただし、中国とオーストラリアは除外する。グループ傘下のアザマラは全船で10月31日まで運航停止し、「アザマラ・クエスト」の11月4日発・14日発も中止する。シルバーシー・クルーズはアジア、南米、ガラパゴス諸島を除き、10月末まで運航を停止する。

カーニバル・クルーズ・ラインも10月31日まで運航を停止する。

三大クルーズ・グループの一つ、ノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングスはすでに10月末までの運航停止を7月末に発表している。

TOPへ戻る
シェアアイコン