News

MSCクルーズ初の20万トンLNG燃料船、コインセレモニー開催

2020.07.02

MSCクルーズは、2022年就航予定のワールド・クラス第1船「MSCワールドエウローパ」(20万5000トン)のコインセレモニーをアトランティーク造船で開催した。当初、船名は「MSCエウローパ」とされていたが、新船名に改められた。同船は同社初のLNG燃料船で、フランスの造船所がLNG燃料船を建造するのは初めて。式典では安全な航海を祈祷し、船のキール(竜骨)に記念コインを溶接する伝統的な儀式が行われた。 同船は50キロワットのデモンストレーターシステムを搭載し、固体酸化物形燃料電池とLNGを活用することで、船内での発電と熱の生産を可能とする。LNGを活用した固体酸化物形燃料電池は従来のLNGエンジンと比較し、温室効果ガスの約30パーセントを削減できる。窒素酸化物、硫黄酸化物、微粒子の排出をなくし、低酸素化する代替燃料にも対応する。そのほか、高度な排水処理システムなどを導入する。 同社はさらにアトランティーク造船で、ワールド・クラスとメラビリア・クラスに1隻ずつ、計2隻のLNG燃料船の建造を決定した。2021年4月にメラビリア・プラス・クラス第2船「MSCヴィルトゥオーサ」(17万7000トン)、同年8月にシーサイドEVOクラス第1船「MSCシーショア」(16万9400トン)が就航予定。 写真左:セレモニーの様子 写真右:MSCワールドエウローパ(イメージ)

MSCクルーズ初の20万トンLNG燃料船、コインセレモニー開催
MSCクルーズ初の20万トンLNG燃料船、コインセレモニー開催
TOPへ戻る
シェアアイコン