News

オデッセイ・オブ・ザ・シーズ、洋上最大のゲームセンター搭載

2019.11.07

ロイヤル・カリビアン・インターナショナルは、2020年秋就航予定のクァンタム・ウルトラ・クラス第2船「オデッセイ・オブ・ザ・シーズ」(16万8000トン)の詳細を発表した。洋上最大の屋内アクティビティースペース「シープレックス」を設置、VRゲームやAR技術を使用した壁や床を使ったハイテクゲームなどが楽しめる。子供向け施設「アドベンチャーオーシャン」を改装。リゾートをイメージした屋外プールや、鉄板焼きレストランを新設する。サーフィンが体験できる「フローライダー」やスカイダイビングが体験できる「アイフライ」など人気の施設も設ける。同船は2020年11月からフォート・ローダーデール発着でキュラソー、アルバ、グランド・ケイマン島などをめぐる6泊または8泊のクルーズを実施する。

写真左:シープレックス(イメージ)
写真右:プールデッキ(イメージ)

オデッセイ・オブ・ザ・シーズ、洋上最大のゲームセンター搭載
オデッセイ・オブ・ザ・シーズ、洋上最大のゲームセンター搭載
TOPへ戻る
シェアアイコン