News

JNTO、プリンセスと連携し北米旅行会社約70社を招請 初の試み

2019.05.23

日本政府観光局(JNTO)は、プリンセス・クルーズと連携し、北米最大級の旅行会社コンソーシアム(共同事業体)、アンサンブル・トラベル・グループを日本に招請した。5月18日(土)から22日(水)に米国やカナダの旅行会社など約70社140人が来日し、プリンセス・クルーズの「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5875トン)による神戸発着クルーズ「風薫る四国と広島・宮崎・韓国8日間」の一部に乗船。神戸から高知、広島、松山、宮崎をめぐり、各寄港地でJNTOが主催する視察ツアーに参加した。JNTOがクルーズ船社と連携して大規模な旅行会社コンソーシアムを招請するのは初めてのこと。

今回の視察ツアーを通し、北米の有力な旅行業界関係者に対し、日本の地方の多様な魅力を発信し、米国およびカナダからの訪日クルーズ客のさらなる増加、地方への誘客拡大を図ることが目的。主な行程は下記のとおり。
神戸(白鶴酒造資料館)→高知(和紙漉き、高知城等)→広島(厳島神社、広島平和記念資料館等)→松山(松山城、道後温泉等)→宮崎(鵜戸神宮、飫肥城等)

TOPへ戻る
シェアアイコン