【最新船は、こんなにもすごい!】MSCグランディオーサ

【最新船は、こんなにもすごい!】MSCグランディオーサ
CRUISE STORY
クルーズストーリー
2019.12.27
写真=マイク・ルワジ(Mike Louagie)他 文=藤原暢子
2019年11月、MSC初のエコシップ、MSCグランディオーサもデビュー

2019年はMSCクルーズから2隻の客船が就航。
同社初のエコシップの内容を紹介しよう。

 

【最新船は、こんなにもすごい!】MSCグランディオーサ
CRUISE GALLERY
【最新船は、こんなにもすごい!】MSCグランディオーサ

メラビリア・プラス・クラスの第1船として「MSCグランディオーサ」が、8カ国11港にて27日間にわたり行われたお披露目を終えた。そのフィナーレは11月9日、ドイツのハンブルクでの命名式だった。命名者はソフィア・ローレン。MSCクルーズの新造船のゴッドマザーを務めるのは、15隻目となった。命名式後、同船は7泊の地中海クルーズを開始。

 

メラビリア・クラスの2隻との大きな違いは最新のテクノロジーを導入したこと。排気ガスを削減し、洋上および港での環境保護対策を大きく向上させた、MSCクルーズ初のエコシップなのだ。

 

具体的には省エネに貢献する船体デザインと最新鋭のアジポッド、プロペラを使用し、燃料の使用量とそれによって排出される二酸化炭素を大幅に削減。また、排気ガス浄化装置の設置により硫黄酸化物排出量も9割以上の削減を実現した。他にも廃棄物や排水処理の管理能力を高めたり、照明にLEDを用いることでエネルギー効率を上げるなど、環境に配慮したさまざまな工夫を行っている。

 

既存船も二酸化炭素の排出量削減の計画を進めているが、さらなる削減目標の詳細をMSCグランディオーサの式典で発表した。

 

もちろん、乗客を楽しませるための進化もある。LEDスカイドームを擁した全長93メートルの「メディテラニアン・プロムナード」にはメラビリア・クラスとは趣向の違うショップやスペシャリティー・レストランが。さらに、シルク・ドゥ・ソレイユのショーはMSCグランディオーサ限定の2演目が誕生した。人気の子供専用エリアも引き続き、レゴ®社とキッコ社の協力のもと造られた。

 

日本周遊でMSCベリッシマに乗船した後はぜひ地中海をめぐるMSCグランディオーサでさまざまな違いや進化を見つけてみたい。

 

MSCクルーズは2022年にワールド・クラスとして就航する「MSCエウローパ」を、同社初のLNG船として就航させる予定。今後の同社の環境保全の取り組みにも注目していきたい。

CRUISE GALLERY
【最新船は、こんなにもすごい!】MSCグランディオーサ
ハンブルク入港時に行われた照明アーティスト、マイケル・バッツによるライトアップショー
【最新船は、こんなにもすごい!】MSCグランディオーサ
LEDライトに照らされたプール
【最新船は、こんなにもすごい!】MSCグランディオーサ
鏡とライトで演出したカジノ入り口
【最新船は、こんなにもすごい!】MSCグランディオーサ
青とシルバー、曲線をポイントにしたメイン・ダイニング
【最新船は、こんなにもすごい!】MSCグランディオーサ
命名者はイタリアの大女優、ソフィア・ローレン

〈SHIP DATA〉
船名:MSCグランディオーサ(MSCクルーズ)
就航:2019年11月

総トン数:18万1000トン
全長: 331.4メートル/全幅:67メートル
乗客定員:6,334 人/乗組員数:1,704人

『CRUISE』2020年2月号に掲載
関連記事
TOPへ戻る
シェアアイコン