News

「セブンシーズ スプレンダー」命名式開催

2020.03.05

リージェント セブンシーズ クルーズが新造船「セブンシーズ スプレンダー」(5万5254トン)の命名式をマイアミにて開催した。ゴッドマザーは、スーパーモデル・女優のクリスティ・ブリンクリーが担当、グラミー賞アーティストのシールも登場した。その様子はFacebookとYouTubeでライブ配信され、視聴者数は3万5000人を超えた。

 

同船の船長は、セレナ・メラーニ氏。新造外航客船では初の女性船長となる。同船長は会場の人々のスタンディングオベーションに迎えられてスピーチを実施、女性であっても忍耐強く一生懸命働けば目的を達成できることなどを語った。

 

メラーニ船長に続き、名誉ゴッドマザーのクリスティ・ブリンクリーがステージに立ち、海の伝統に則った祝福セレモニーを実施。命名の宣言に続いてヴーヴ・クリコ イエローラベル ブリュットのボトルを船体にぶつけ、洗礼儀式が無事に終了した。

 

セブンシーズ スプレンダーは同社が運航する5隻目の客船で、「セブンシーズ エクスプローラー」の同型船。全内装は前船と異なり、総額500万ドルの美術品コレクションや500個を超えるクリスタルシャンデリアを擁し、スイートルーム」には20万ドル超のオーダーメイドベッドを導入した。375室すべてがスイート仕様で、乗客定員750名に対して乗組員数は551名と、業界屈指の乗組員比率となる。

「セブンシーズ スプレンダー」命名式開催
TOPへ戻る
シェアアイコン