News

「ノルウェージャン アンコール」引渡し

2019.11.07

ノルウェージャンクルーズラインは、ドイツのブレーマーハーフェンで新造船「ノルウェージャン アンコール」の引渡し式を実施した。引渡しにはノルウェージャンクルーズラインと建造にあたったマイヤー・ベルフト造船所から役員が出席した。同船は同社17隻目の客船となり、これまで16年間にわたってマイヤー・ベルフトで新造してきたブレイクアウェイプラスクラスとしては最後の就航となる。

 

「ノルウェージャン アンコール」は全長約335メートル、総トン数約17万トン、乗客定員4000名。洋上最大のレーストラック、新ダイニングのオンダbyスカルペッタ、バージョンアップした遊戯施設ギャラクシーパビリオン、屋外レーザータグといった最新設備やアトラクションを搭載。洋上初上演のトニー賞ミュージカル『キンキーブーツ』などを上演する。

「ノルウェージャン アンコール」引渡し
TOPへ戻る
シェアアイコン