郵船クルーズは「飛鳥II">

News

飛鳥Ⅱ、2023年オセアニアグランド発表、2022年は中止

2021.09.22

郵船クルーズは「飛鳥II 5444トン)による「2023年オセアニアグランドクルーズ」を発表した。あわせて20222月発予定の「2022年オセアニアグランドクルーズ」を中止する。運航の可否を検討してきたが、昨今の状況から総合的に判断したとしている。

 

2023年オセアニアグランドクルーズ」 2023211日横浜発(翌12日神戸発)で38日間。寄港国はサイパン、オーストラリア(ケアンズ、ブリスベン、シドニー)、ニュージーランド(ミルフォードサウンド通航、オークランド)、ニューカレドニア(ヌーメア)、グアム。横浜帰港は320日(神戸は翌21日)。

 

オセアニアグランドクルーズは、初代飛鳥から続く同社が得意とする航路。クルーズ特典として「オークランド半日観光」へ全乗客を案内する。早期予約に対応する3種類の割引代金「グランド特別割引」「早期全額支払割引」「早期申込割引」を設定。販売開始は2021115日(金)。

 

■2023年オセアニアグランドクルーズ特設サイト