News

シルバーシー・クルーズ、南極クルーズを再開

2021.11.22

シルバーシー・クルーズは10日、「シルバー・エクスプローラー」による南極クルーズをプエルト・ウィリアムズ(チリ)から再開した。チリの首都サンティアゴからプエルト・ウィリアムズまでの航空便は30年以上途絶えていたが、同社がDAP南極航空と提携、直行便をチャーターして乗客を運び、今回のクルーズが実現した。14日には「シルバー・クラウド」もプンタ・アレナス(チリ)を出航し、南極クルーズを再開。両船は2022年3月まで南極クルーズを実施する。

 

12月11日からは、ドレーク海峡を通航せずに南極大陸に直行できるフライ・クルーズ「アンタークティカ・ブリッジ」を開始するほか、2022年1月27日からは、20日間かけて南極圏を越え、南緯69度に到達することを目指す「ディープ・サウス・エクスペディション」も実施する。

シルバーシー・クルーズ、南極クルーズを再開
シルバーシー・クルーズ、南極クルーズを再開
シルバーシー・クルーズ、南極クルーズを再開
TOPへ戻る
シェアアイコン