News

川崎近海汽船、「シルバーブリーズ」就航へ

2021.06.15

川崎近海汽船が運航する新造フェリー「シルバーブリーズ」が16日から八戸/苫小牧航路に就航する。同船は内海造船瀬戸田工場で建造されたフェリーで、これまで同航路を運航していた「べにりあ」の代替船となる。新造フェリー就航にあたって岡田悦明取締役フェリー部長は、「コロナ禍により、今は安心が最も大切な時期だが、個室を増やして密を避けるなど、安心して乗船いただける船に仕上がった」とコメントした。

「シルバーブリーズ」は約8,900トンで、全長144.13メートル、幅23.0メートル、航海速力約20.0ノット。津軽海峡フェリーと鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)の共有船となり、川崎近海汽船は津軽海峡フェリーから用船する。船籍港は八戸港。船体にはべにりあと同じく緑色を採用し、「緑と木のテイストを基調とした安らぐ船内」を演出する。就航ダイヤは、八戸午後5時30分発・苫小牧翌日午前1時30分着、苫小牧午前5時発・八戸午後1時30分着となる。

客室設備では、べにりあになかった特等室を新たに設置した。さらに、一等のペット同伴室を5室用意したほか、部屋から直結する形でドッグランスペースも設けた。新型コロナウイルスの感染拡大などを背景に個室ニーズがさらに高まる中、二等寝台室の完全個室化も進めた。

写真左:苫小牧港に初入港するシルバーブリーズ(6月13日)
写真右::べにりあにはなかった特等室も設置した

川崎近海汽船、「シルバーブリーズ」就航へ
川崎近海汽船、「シルバーブリーズ」就航へ
TOPへ戻る
シェアアイコン