News

飛鳥Ⅱ、新型コロナ陽性者発生に伴いクルーズ中止

2021.04.30

郵船クルーズは「飛鳥Ⅱ」(5万444トン)の船上にて、乗客1名に新型コロナウイルスの陽性を確認した。同船は4月29日より横浜発「ゴールデンウィーク 青森・北海道クルーズ」に就航していたが、陽性者発生に伴い直ちに同クルーズを中止、下船港の横浜へ向かっている。

現在、陽性の乗客の体調は安定しており、船内の客室で隔離療養している。同社は速やかに保健所など関係機関に報告し、指示を仰ぐとともに対応に当たっている。所轄保健所からは同室者以外の濃厚接触者はないとの正式見解を得ている。

「飛鳥II」では新型コロナウイルス感染症対策として、乗船する乗客全員に対して乗船前にPCR検査を実施、これまで陰性を確認してきた。加えて昨今の感染状況を鑑み、同クルーズにおいては乗船当日(4月29日)の受付時にもすべての乗客の検体を採取、30日午後に外部機関の検査によりこの結果が判明した。

現在、船内各施設の営業を中止し、全乗客は客室で待機している。同船の入港時間については調整中で、陽性者を含む乗客の下船については所轄の保健所などの指示に従い対応するとしている。

TOPへ戻る
シェアアイコン