News

米CDC、運航停止命令を9月30日まで延長

2020.07.17

米国疾病予防管理センター(CDC)は16日、米国内でのクルーズ客船の運航停止命令を9月30日まで延長すると発表した。現在の運航停止命令は7月24日で期限が切れる。大手船社が加盟するクルーズ・ライン国際協会(CLIA)は6月時点で「自主的に」9月15日まで運航停止を決定。加盟するロイヤル・カリビアン・グループやディズニー・クルーズラインなどが同日まで運航を停止しているため、さらに延長が必要になる。その他、ノルウェージャン・クルーズ・ライン系列3社は9月末まで運航を停止している。

CLIAは今回の決定に対し、「CDCとは公衆衛生と安全について同じ意見だ」としながらも、「時宜を得た、生産的な対話を望む」とした。

TOPへ戻る
シェアアイコン