News

津軽海峡フェリー、新造船ブルールミナスが9日就航

2020.06.03

津軽海峡フェリーの新造船「ブルールミナス」が6月9日就航する。同社は青森~函館間の「津軽海峡ロード」でフェリー4隻を運航している。2014年から新造船の入れ替えを進め、これまで「ブルーハピネス」「ブルードルフィン」「ブルーマーメイド」が就航。今回のブルールミナスでカジュアルクルーズ4隻がそろい、全船同型の客室となることで、統一したサービスを提供することができることになった。これらフェリーでは、災害時多目的船としての設備も搭載しており社会貢献も目指している。フェリーは内海造船瀬戸田工場で建造。大きさは総トン数が約8,800総トン、全長約144メートル、定員583名、車両積載能力はトラック71台または乗用車230台、速力約20ノット。

津軽海峡フェリー、新造船ブルールミナスが9日就航
TOPへ戻る
シェアアイコン