News

シーボーン、ジャパン・オフィス開設 日本での販売強化

2020.01.17

シーボーン・クルーズは、1月2日付で同社ジャパン・オフィスをカーニバル・ジャパン内に開設したと発表した。事業責任者として営業部長に児島得正氏を任命。シーボーン・クルーズの日本市場への販売およびPR強化を目的としている。

児島氏は、約30年にわたるクルーズ業界での経験を生かし、カーニバル・ジャパン発足後はプリンセス・クルーズ営業部長、キュナード・ライン代表などを歴任。販促や日本発着の寄港地・コース選定、PRなどに従事してきた。児島氏は「日本はラグジュアリー市場のポテンシャルが非常に高く、多くの旅行業関係者の協力を仰ぎ、成功を確信している」とコメント。

シーボーン・クルーズは今後、日本市場でのラグジュアリークルーズのシェアを大きく伸ばし、3年後をめどに日本市場においてナンバーワンのラグジュアリークルーズ・ブランドとしての地位を確立することを目標としている。日本語ホームページの開設や日本語パンフレット、日本円建てクルーズ代金の設定など、日本市場に特化したサービスを実施していく。日本人クルーの乗船や船内日本語対応なども市場の成長に沿って柔軟に対応する予定。

TOPへ戻る
シェアアイコン