News

飛鳥Ⅱ、3月3航海を中止、乗組員1名陽性確認受け

2021.03.18

郵船クルーズは「飛鳥Ⅱ」(5万444トン)による3月の3航海を中止する。16日、横浜港に停泊中の同船乗組員1名に新型コロナウイルスの陽性が確認されたため。この乗組員は居住国出国前(3月1日)、日本入国時と同船乗船時(いずれも3月3日)の3回のPCR検査などで陰性だった。現在は陸上施設で療養中、重篤な症状はなく発熱もない。保健所からは他の乗組員との濃厚接触は無いとの正式見解があり、業務などで接点のあった乗組員のPCR検査を実施し陰性を確認済み。すでに全船消毒を完了した。同船は1月4日からクルーズを休止しており、乗客はいなかった。

今回、同社が自主的に中止するクルーズは以下の通り。乗客に安心して乗船してもらうため、全乗組員に感染のないことを確認の上、クルーズを再開する予定としている。

■今回中止となるクルーズ
・3月19日発 神戸発着 春の日向ウィークエンドクルーズ
・3月21日発 神戸発 春うらら神戸・横浜クルーズ
・3月23日発 横浜 結航路 駿河・四日市クルーズB

TOPへ戻る
シェアアイコン