News

国交省、日本船社に衛生管理規定届出を義務化

2020.11.02

国土交通省は2日、クルーズ船での新型コロナウイルス感染症発生事案を受け、同日「海上運送法施行規則」を改正し、邦船クルーズ事業者に対して衛生管理規定(感染症対策マニュアル)届出を 義務付けると発表した。クルーズの一層の安全・安心確保を図る。 国交省は9月18日に公表した「クルーズの安全・安心の確保に係る検討・中間とりまとめ」を受け、海上運送法に基づく「安全管理規程」に定めるべき事項として、「クルーズ船内における感染症の発生とまん延の防止対策の検討・実施に関する事項」、「クルーズ船内で感染症が発生した場合(発生したおそれがある場合を含む)の対応に関する事項」を追加。邦船クルーズ事業者に対して衛生管理規程の届出を義務付け、2日に公布・施行した。

TOPへ戻る
シェアアイコン