News

NCLH、上半期は損失25.9億ドル

2020.08.07

ノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングス(NCLH)は今年第2四半期(2020年4月~6月)の決算を発表した。売上高は1692万ドル(前年同期比99パーセント減)、純損失(米国会計基準)は7億ドルに達した。2020年上半期(2020年1月~6月)の売上高は12億6381万ドル(前年同期比59パーセント減)、純損失は25億9621万ドル、うち減損損失は16億ドルだった。 7月には流動性確保のため15億ドルの資金調達を実施。「長期停船のシナリオに耐えることができる」(フランク・デル・リオ社長兼最高経営責任者)とした。キャッシュバーンは月平均1億6000万ドルに上る。 傘下のノルウェージャン・クルーズライン、オーシャニア・クルーズ、リージェント・セブンシーズ・クルーズの3社は新型コロナウイルスの影響により10月末まで運航を停止中。中止航路の顧客の6割が予約変更ではなく返金を希望した。6月末時点で約12億ドル分の予約が入っている。

TOPへ戻る
シェアアイコン