News

ガンツウ、5日から運航を再開、日本海事協会の認証受け

2020.07.06

せとうちクルーズは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休止していた「ガンツウ」(3,013トン)の運航を7月5日(日)に再開した。

再開にあたり、新型コロナウイルスの防疫対策などを目的に、日本旅客船協会と日本ホテル協会のガイドラインをもとに「バイオ・セーフティー・マネジメント・システム」ガイドラインを策定。3日に日本海事協会の認証を受けた。乗客や乗組員の動線などを考慮し、接触感染と飛沫感染のリスクを洗い出し、感染リスクを低減させるための感染予防対策を行う、としている。

同船は、「せとうちの海に浮かぶ、ちいさな宿」をコンセプトにした宿泊型の客船。母港ベラビスタマリーナ(広島県尾道市)を拠点に、1泊から3泊で瀬戸内海沿岸を周遊する。

TOPへ戻る
シェアアイコン