News

コスタ、4月の日本発着クルーズなど4コース中止

2020.03.10

コスタクルーズは、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、「コスタ ネオロマンチカ」(5万6769トン)による4月13日発までのクルーズを中止する。対象コースは以下のとおり。

・2020年4月6日(月)発 那覇発着クルーズ 4泊5日
・2020年4月8日(水)発 基隆発片道クルーズ 2泊3日
・2020年4月13日(月)発 那覇発片道クルーズ 2泊3日
・2020年4月13日(月)発 那覇発着クルーズ 3泊4日

コスタクルーズは1月25日以降、中国の港を出港する全クルーズ客船の営業航海を停止。現在、全船が中国本土を離れ、日本周辺で停泊・係留中。乗務員の交代を停止し、船上で待機しているほか、国籍に関わらず、14日以内に中国本土、香港、マカオ、韓国を訪問した社員・乗務員の船内への立ち入りを禁止している。乗客、乗務員の新型コロナウイルス肺炎の感染の報告はない。

さらに、コスタクルーズは乗客と乗務員の安全・衛星を最優先に確保するため、同社の全船において新型コロナウイルスの予防策を下記のとおり強化すると決定した。
・過去14日以内に中国本土、香港とマカオと韓国に滞在履歴、または経由履歴(トランジット)がある乗客、訪問者、乗務員は国籍に関わらず、乗船を停止
・以下の地域への滞在履歴、または経由履歴(トランジット)がある乗客、訪問者、乗務員は国籍に関わらず、乗船を停止
イタリア・ロンバルディア州カザルプステルレンゴ(ローディ県)、コドーニョ(ローディ県)、カスティリオーネ・ダッダ(ローディ県)、フォンビオ(ローディ県)、マレーオ(ローディ県)、ソマーリア(ローディ県)、ベルトーニコ(ローディ県)、テッラノーヴァ・デイ・パッセリーニ(ローディ県)、カステルジェルンド(ローディ県)、サン・フィオラーノ(ローディ県)、ヴェネト州ヴォー(パドヴァ県)。※イタリア保健省の発行するリストによっては今後対象地域が追加になる場合あり
・ピエモンテ州、ロンバルディア州、ヴェネト州への寄港地観光はすべて中止
・過去14日以内に日本、イラン、台湾とベトナムに滞在履歴、または経由履歴(トランジット)があり、かつ、発熱、咳や呼吸困難などの症状がみられる乗客、訪問者、乗務員は国籍に関わらず、乗船を停止
・すべての乗客、訪問者、乗務員は乗船時に健康状態質問票の提出が必須。乗船に際し体温の検査を実施し37.8℃を超える方の乗船を停止

TOPへ戻る
シェアアイコン