News

神戸ルミナスが民事再生、コンチェルトが支援

2020.03.02

神戸港でレストラン船「ルミナス神戸2」を運航するルミナスクルーズ(神戸市、熊野幸三社長)は2日、神戸地方裁判所に民事再生手続き開始の申し立てを行い、同日保全命令と監督命令を受けたことを明らかにした。同社の発表によると、2018年の大阪北部地震、西日本豪雨、台風21号など自然災害が続き、19年も台風により相次ぎ欠航。さらに燃料油が高騰して資金繰りも悪化。厳しい経営状況が続く中、インバウンドへの依存は低いが、1月以降は新型コロナウイルス感染拡大の余波と見られるキャンセルが多数発生し、民事再生手続き開始の申し立てを後押しした格好となった。同船は運休に入っており、すでに予約した乗客に対して、同じく神戸港のレストラン船「コンチェルト」が代替クルージングを行うことを紹介している。「コンチェルト」を運航する神戸クルーザー(神戸市)の100%株主であるファースト・パシフィック・キャピタル有限会社(FPC社、東京都)の発表によると、ルミナス社から振り替えクルージングの依頼を受けて振り替えプランなど設定した。またルミナス社は、FPC社やコンチェルトの支援のもと、運航再開を目指すという。

TOPへ戻る
シェアアイコン