News

MSCスプレンディダ、上海発着を中止、新型肺炎防止で

2020.01.31

中国での新型肺炎の感染拡大を受け、MSCクルーズは「MSCスプレンディダ」(13万7936トン)による上海発着日本寄港クルーズ3本を中止した。中止となるのは2月1・5・9日に上海を出航する4~5泊のクルーズ。予定していた那覇への寄港もキャンセルした。同社の発表によると、これまで乗客・乗組員に感染者はいない。

代替クルーズとして、2月14日からシンガポール発27泊「グランドボヤージ」を実施、中東・ヨーロッパをめぐる。

TOPへ戻る
シェアアイコン